いろんなこと発見名人! 〜りすぐみ・かぶとむしチーム〜

水まきをしていると

「あめあめ!」

「おみず〜。」

おおはしゃぎ!

IMG_9846.JPG

 

霧のような水しぶきが気持ちいい。

IMG_9841.JPG

 

「手にかけて!」

「わ〜!」

IMG_9822.JPG

 

「ながれてるよ。」

「まてまて〜。」

IMG_9824.JPG

 

にゅるにゅる。

足の指の間からどろんこが出てきています。

「見て見て!」

歩くたびに足跡が付いてきます。

IMG_9838.JPG

 

「せんせい、みてみて!」

IMG_9829.JPG

 

「手のあとがついたね!」

子どもの発見に保育者も共感します。

IMG_9828.JPG

 

「とんぼ〜!」

「さわってみて。」

「うごかんね。」

IMG_9834.JPG

 

小さなとんぼをじっと観察。

「なんでうごかんのかね?」

「えいえい!」

「ふーーーーっ!」

IMG_9835.JPG

しばらく、とんぼは動くことなくじっとしていました。

りすぐみの好奇心をくすぐる訪問者でした。

 

外での遊びを通して、物の性質を知ったり、生き物に出会ったり。

子どもたちの興味・関心はどんどん広がっていきます。

小さな科学者たちの「発見」に、保育者も感動・感心させられます。

2020.04.09 Thursday comments(0)

あたかいよ!(温かいよ) 〜りすぐみ〜

どろんこの中を歩く子どもたち!

ばしゃばしゃばしゃ〜

 

「おすもうくまちゃん」

どすこーいと四股を踏みました。

IMG_1032.JPG

 

「どろんこおばけだぞ〜」

IMG_1037.JPG

 

たけのこぐみさんもやってきて

一緒にばしゃばしゃ!

IMG_1046.JPG

 

足元をじっと見つめ…

「あたかいね!」

「あたかいよ〜!」

IMG_1036.JPG

 

日なたのどろんこは温かいことを発見!

みんなで触って確かめました。

「おふろみたい。」

「あたかいよ。(温かいよ)」

IMG_1044.JPG

自然とふれあう中で、子どもたちは五感を使い様々な違いに気づきます。

自然の中には「かがくのもと」が、たくさんあふれています。

小さな科学者たちは、次にどんな発見を見つけるのかな?楽しみです。

2020.04.08 Wednesday comments(0)

つりがしたい!〜ひかりぐみ〜

「つりにいきたい!」「かわいこうや!」

「つりにいくならなにがいる?」

「もつやつがいるー!」「さおー!」

「どうやってさおつくろうかなー」

 

 

「といれっとぺーぱーのしんでながいのつくろーっと」

 

 

「つけるひもきるけもっとってー」

「なんかながくない?」

「いいよ!いいよ!そのぐらい!」

 

「わたしもつくった!」

「つれるかなー。えい!」

 

 

 「せんせいみてー!つれたよー!」

 

 

 

「さかながないからかいたらいいよね。せんせいさかなかける?」

 「どんなさかながいるかみてみるー?」

「みにいこう!」

 

「いたよ!あかいさかなはなにってゆう?」

「これかいてみるー!」

「せなかがぎざぎざしてるね」

 

 「わたしはみどりのさかなにした!」

 

 

「さかなできたからつりしよう」

「どのおさかなつりますかー?」

 「おれこれにしよー」

「あれ、つれんじゃん」「あ!たべたよー」

「よっしゃーつれたー」

 

 

 

釣りから魚へと興味・関心がひろがってきています。

自分たちで調べイメージを膨らませているひかりぐみ。これからの展開が楽しみです。

2020.04.08 Wednesday comments(0)

きょうのおさんぽは?〜ひかりぐみ〜

「きょうおさんぽよねー?」

「どこいくかみんなではなす?」

 

どこの公園に行きたいかひかりぐみで話し合い、『玖村第2公園』に決まりました。

「このきいろいはな、はじめてみるね!」

「ほいくえんかえったらしらべてみよう」

「カフェオレつくったよー」

 

「ざいりょう、いっしょにあつめようよ!」

「たきびがはじまりまーす」

「ぼくはふえをふくね」

 

「いいね。Rちゃんもするー!」

子どもたちはお散歩や遊びの中で対話しながら、友だちの思いに共感したり、発見や喜びを共有しています。

「見立て」や「ごっこ」遊びもみんなで考え、想像しあい、どんどん広がっていきます。

 

2020.04.07 Tuesday comments(0)

園庭遊び! 〜りすぐみ〜

 

今日もいい天気!

りすぐみは自分で好きな遊びをみつけています。

 

「しんかんせんです!」

「みんな、のってくださ〜い!」

「どこいく?」

 

「ここ気持ちいいよ!」

「ここおうちなんよ。」

「入っていい?」

 

山の斜面をするするする〜!

 

シュー!!!

「早いでしょ。」

 

バランスをとりながら慎重に手で支えたり、足で踏ん張っています。

 

ボールあそびが好きなKくん。

ボール入れのコンテナに集めています。

 

「シューシュー!」

ボールを運んでくれました。

 

ひなたぼっこしていると…

「ひこうきだー!」

「ブーン、ブーン。」

お外は気持ちいいね!

明日もたくさんあそぼうね!!

 

「見立て」「つもり」「ごっこ」遊びがさかんになる2歳児。

自分が経験したことや、見たことをあそびの中で再現していきます。

外あそびでは、全身を動かしてあそぶ楽しさを知ったり、外気や土や砂などにふれ、様々な感覚を養っていきます。

2020.04.06 Monday comments(0)

うさぎぐみになって〜うさぎぐみ〜

「たんたんたんじょうび〜♪」

 

「Sちゃんに聞きたいことがある人?」

 

「はーい!!!」

「すきなたべものはなんですか?」

「おにくです」

 

「2つ目ききたいことある?」

「はい!」

「すきなおもちゃはなんですか?」

「アンパンマンです」

 

「はい!」

「すきなものはなんですか?」

「どうぶつです」

 

「こんどわたしも4さいなるんよー」

「つぎはわたしだよ」

「お誕生日楽しみだね」

 

みどりの森保育園では、お誕生日をクラスのみんなでお祝いし、

大きくなったことを一緒に喜び、大切にするようにしています。

2020.04.03 Friday comments(0)

やまんばがきた、、、?〜そらぐみ〜

そらぐみになって初めてのお散歩。

森の中を歩いていると、

「なんか声がきこえた」

「やまんばの声じゃない?」

 

「あそこの葉っぱが動いた」

「やまんばが来たんじゃ」

 

「あっちの葉っぱも動いたよ」

「なんか怖いね〜」

 

「なんか穴がある!」

「やまんばがのぞいてる!」

「やまんばの目に見えるね」

 

「中山先生のところにも行ってるかもよ」

「電車に乗って助けにいかんと!」

 

うさぎぐみの時に行った恵下山公園から始まった『やまんばの世界』。

やまんばの絵本も読み、森の中に入り、ますます『やまんばの世界』が膨らんだそらぐみのさんぽでした。

 

 

 

2020.04.03 Friday comments(0)

はるってなにがあるかな〜ひかりぐみ〜

「おはなみさんぽだー!」

「おべんとうたべたかったなあ」

 

「ねぇねぇなにがあるかね」

「よつばってある?」

「ひまわりは?」

「たけのこもあるかなあ」

「あ!こんなはながあった!」

「なにそれー!」

 

「さくらがみえたよー」

「ちかくだねー」

「ままともみたよー」

 

 

 

「わたしのなまえといっしょー!」

「いっぱいあるね」

「あっちにもあるんじゃない?」

「わたしはちゅーりっぷさがしてるー」

 

「むらさきみつけたー」

「これはむすかりっていうんだよ」

「むらさきー?」

 

「あ!ちゅーりっぷ!」

「ほんとだー!」「あったー!」

「かわいいね」「ちゅーりっぷほしいなあ」

 

 

「みてーこれもあったー」

「かわいいね」

 

 

「これはなんていうんだろう」

「ほとけのざだってー」

「みつがでてくるんだよー」

 

 

「あ!」

「なにっていうんだっけ」

「たけのこ?あ、つくしだー」

 

「おっきなてんとうむしー!」

「みせてみせてー!」

「あかいろじゃないんだねー」

「てんてんなんこある?」「11こだー!」

 

 

 

「はるのむしのなかにてんとうむしはいってたー?」

「はいってなーい!」

「かいたらいいじゃん!」

「かいとこう!」

 

公園につき・・・

 

「おにごっこしよー」

「まてー」

「hくんがおにだってー」

 

 

「にげろー」

「きたよー!おりておりてー」

 

「ぐるぐるおにごするん?」

「ぐるぐるじゃんけんだよ」

「やりたーい!」

「さいしょはぐー!じゃんけん!ほい!」

「まけたー!yくんよ!つぎ!」

 

 

 

桜が満開の中、春の虫や草花を自分たちで探し発見することの

喜びや時折吹く風から春の暖かさを感じる『お花見さんぽ』に

なりました。

 

2020.04.03 Friday comments(0)

ひかりぐみになって・・・〜ひかりぐみ〜

 

「ほーるであそぶんだってー」

「しっぽとりしたい!」

「かにげーむがいい!」

「えーいろおにしたいー」

「じゃあおおおいいひとのやつしよう」

 

 

 

「きょうはだれかきいてくれる?」

「おれがやる!」

「しずかにしてー!」

「なにがいい?」

「mちゃん!」「りすのおひっこしー」

「rくん!」「しっぽとり」

「aくん!」「ころがしどっち!」

「hちゃん!」「いろおに!」

「じゃありすのおひっこしがいいひとー?1.2.3にん!」・・

 

 

 

順番ににきいていき、いろおにとしっぽとりに決定!

 

「まてー!」「hくんはやい!」

 

 

室内ではそれぞれが好きな遊びを見つけて楽しんでいます。

 

「よし!ふねにのれー!」

「ゾンビがくるぞー!」

「ぶきをもってからのるんよ!」

 

 

「mくんとたいせんだ!」

「まけないぞー」

 

 

 

「きょうもぬりえするー!」

「aくんぜんぜんでてない!すごいね」

「あかかしてー」「はーい」

 

ひかりぐみになり、年長の自覚が芽生えてきた子どもたち。

自分たちで考えお互いの気持ちを大切にしながら、生活や遊びを

進めていく姿が増えてきました。

自分で好きな遊びを選ぶことで、集中し遊びこむ時間も長くなって

きています。

2020.04.02 Thursday comments(0)

まゆがみている!?〜そらぐみ〜

 

朝、お部屋へ上がると…

「なにこれ?」

 

「まゆからのてがみじゃん!」

『どあにわたしのえをかいてみせてくれてありがとう。うれしいよ。まゆより』

 

「わたしがかいたえのことじゃ!」

 

「これこれー!まるいかみに、まゆのかおかいたんよ」

 

「まきものもあるよ!?」

「まゆ、ジャンプしてここにかけたんかね?」

 

『そらぐみのみんなへ

そらぐみもあと2にち。ひかりぐみになるじゅんびみているよ。

まゆより』

 

「じゃあさ!おひっこしせんといけん!」

「おおそうじもせんとね」

「だってつぎのそらぐみがつかうもんね」

 

「ロッカー、ピカピカにするよ」

 

「おもたいねー」

「おくまでみがこ」

 

「ひかりぐみの、ここにしよ!」

 

「てつだってあげるよ」

 

「ぞうきんがけ、スタート!」

 

「もっともっとー!」

 

「もうピカピカじゃん!」

「これでひかりぐみになれるかね!?」

「なんか、まゆがいまみてたきがする…」

「どこからみとるんじゃろー」

きっとひかりぐみになっても、まゆは見守ってくれてますね。

2020.03.30 Monday comments(0)

<< | 2/62PAGES | >>