アオギリさんに会いたい 〜ひかりぐみ〜

「アオギリさんに会いたい。」
『アオギリのねがい』という絵本を読んでもらい

涙したHさん。

「かわいそうだった。」

子どもたちの心の中に様々な思いが湧いていました。

 

アオギリさんに会いたい!

平和公園ってどんなところ?

『アオギリのうた』の歌も覚えました。

しおりを作って平和公園へ行くことになりました。

 

「やっと会えたね。アオギリさん。」

「会えてうれしい!」

 

「アオギリさん生きてくれてありがとう。」

「顔のところが割れとるね。痛かったね。」

 

「原爆が落ちた時は大変だったけど、原爆を落とす人はもういませんよ。」

「安心してください。みんな笑顔でいられますよ。」

アオギリの木を一人の人間として捉えていて

一生懸命語りかけていました。

「アオギリさんね、私たちのうたが届いたよって喜んでくれた気がした。」

 

原爆死没者慰霊碑でお祈りしました。

子どもたちが自ら手を合わせ頭を下げていました。

真剣に祈りを捧げていました。

 

みんなで折った折り鶴を届けました。

「この折り鶴きれい!」

「つるで絵ができとる。」

「こんなのつくってみたい。」

各地から届いていた折り鶴を見て感動していました。

 

「みんなが仲良くなりますように。」

 

原爆の子の像で鐘を鳴らしました。

 

絵本「アオギリのねがい」をとおして戦争を知らない子どもたちが

戦争、平和、命について考えるきっかけに繋がっていきました。

2018.08.06 Monday comments(0)

スポンサーサイト

2018.08.06 Monday -

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック