もちつき会  〜うさぎ・りすぐみ〜

12月16日(土)

もちつき会しました。

親子で日本ならではの行事を体験してもらえたらと考え

おこないました。

 

うさぎぐみ

前日から「父さんもくる!」「母さんとするんだ!」と

わくわくしていました。

 

石臼にもち米が入ると

「おもちじゃないね。」

「ご飯じゃー。ご飯のにおいじゃ!」

「おもちは?どこ?」

 

はじめにお父さんにもち米を練ってもらいました。

「ぼくのおとうさんかっこいい!」

「だんだんお餅になってきたね〜。」

 

「よいしょー!よいしょー!」

 

「先生がんばれ!お父さんがんばれ!」

 

「あったかいね。」

 

餅とり粉をたっぷりつけて。

 

持ち帰って食べたお餅は

「みんなでぺったんしたけ、おいしくなったんじゃない?」

「みんなでがんばったけ、おいしいね。」と

どの家庭でもよく食べたそうです!

 

 

りすぐみ

「よいしょー。よいしょー!」の元気のよいかけ声で

はじまりました。

「おとうさん、かっこいいね。」

「がんばってー!!」

「あれ(杵)、重いん?」

 

「せーのっ!よいしょー!」

お母さんのかけ声も息ぴったり♪

 

「杵ではじめてつきました!」

「けっこう、きついですねっ。」

保護者のみなさんにも楽しんでいただきました。

 

「こな、さらさらしたらべたべたにならんよ。」

「おとうふみたい。」

「おおきいの、つくりたーい!」

 

「こうやってね、お餅を真ん中に入れていくんよ。」

「こな、つけすぎよ。」

さすがお母さん!

親子で力を合わせます。

普段ではなかなかできない体験ができました。

 

保護者どうしの会話もはずんでいました!

 

「ぎゅっぎゅってにぎるんよ。」

見本を見せてくれたお父さん。

 

「できたー!」

「おさとうとおしょうゆにしようか。」

「のり、巻こうか。」

自分で丸めたおもちは特別のようです!

 

2017.12.18 Monday comments(0)

スポンサーサイト

2018.05.02 Wednesday -

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック